垂れた胸のための手術とは?

  • 垂れた胸のための手術とは? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

 

胸が垂れ下がってくることを悩む方は多いです。

年齢を重ねていくとともにバストが下がったり、急なダイエットを行ったことにより同じようにバストが下がってきたりなど、垂れた胸になるということはどの年齢でもありえることです。

またもともと胸の大きい方だけでなく、胸が小さいという方でも、授乳などにより胸がたるんできて、垂れた胸になるということがあります。そして、このような状態が自然に元に戻るということは無いという風に考えられています。

しかし垂れた胸を元のようなボリュームのある胸に戻すことはできないのでしょうか。

実は手術をすることでボリュームやハリを出すということができます。

手術のやり方の一つにたるんだ部分の脂肪や乳房組織を除去する乳房拳上術があります。これは乳房の形を整えたり、バランスをよくすることができたり、たるんで位置の下がってしまった乳頭乳輪の位置を見た目のバランスのよい位置まで戻すことができたりもするやり方です。

またこの方法以外でも、たるみがそれほど進行していない場合にバッグを挿入するというやり方があったりもします。この場合は垂れた胸にボリュームを与えるというだけではなくてバストアップを目指すこともできます。

さて、このような垂れた胸のための手術ですが、どのくらいの期間の通院が必要であったり、どのようなサポートを受けながら術前・術後を過ごすごとになるのでしょうか。

まず、この手術を受ける前には多くの場合カウンセリングを受けることになります。

ここで、自分の希望を相談したりして、人それぞれにあった施術を行うことを目指します。そして、手術の時の麻酔には基本的に部分麻酔で施術し、希望により全身麻酔を行うところがあったり、基本的にほとんどの場合には全身麻酔を行うというところがあったりします。

これも術前のカウンセリングで相談したり、あらかじめそのサイトで確認したりすることができます。

そして術後には、内服薬を服用しながら半年くらいの間は経過を見ていくことになります。ちなみにシャワーに関しては、大きな問題が無ければ早いところで翌日から、他のところでは4から5日後から可能となっています。

このような手術で問題点があるとすれば、傷跡の問題になります。しかしこの点に関しても、カウンセリングの時点で相談したり、クリニックによってはアートメイクなどを利用して傷を目立ちにくくするといったことを行っているところもあります。

 

☆垂れた胸のための手術のおすすめ美容外科クリニック☆

 

・「池田ゆう子クリニック」

豊胸

美容外科医として知名度の高い池田優子さんが院長を務めるクリニックです。脂肪注入法バストアップは、術後の違和感や身体への負担が少ない豊胸手術です。ご自身の脂肪を胸に利用するので、本物の胸と変わらないやわらかさ、上向きで形のよいバスト、自然で美しいラインが手に入ります。

 

・「湘南美容美容外科クリニック」

豊胸手術

湘南美容美容外科クリニックでは、開院以来、31,681件の患者さんに豊胸・バスト・乳首の施術を受けています。世界一の脂肪注入豊胸スキルを持つと言われるシドニーコールマン先生が来日し、湘南美容外科に1日来てもらい方法と器具など指導頂き導入しました。不安を解消するためにセルーション豊胸術には2カップ保証、コンデンスリッチ豊胸術は1カップ保証をお付けしております。(保証するカップへ大きくならなかった場合は、脂肪細胞が採れる範囲で1年以内は無料で治療を行います。)

 

  • 2017 02.07
  • 垂れた胸のための手術とは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー