垂れた胸の直し方はどんな方法があるのか?

  • 垂れた胸の直し方はどんな方法があるのか? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

 

女性の方で大きな悩みの一つになるのが胸です。

小さいことで悩みになるのですが、サイズだけでなく胸の状態によって悩みになります。

胸が垂れることで見た目が良くなくなりそれが大きな悩みへとなります。

悩んでいる人によって知りたいのが垂れた胸の直し方です。

垂れた胸の直し方は色々ありますが、胸の筋肉を鍛える、形を出来るだけ固定できる環境を作ることがオススメです。

胸が垂れてしまう原因はいくつかありますが、どの理由でも関わってくるのが、重力に負けることです。

胸の形を維持するためにも必要としているのが、重力に出来るだけ対抗することです。重力に対抗できる力がないと負けてしまい垂れてしまいます。

若い年齢の方は、大胸筋が優れていなくても乳腺によって形を維持しています。若い年齢だと乳腺が太く強いですので、乳腺によって維持ができます。

しかし年齢を重ねれば重ねるほど乳腺が衰えてきてしまいます。衰えてしまうと細くなり、胸を支えるだけの力がありません。

そのため、乳腺ではなく大胸筋が主に支える力となり、大胸筋も衰えていればいるほど垂れる可能性が高まります。垂れないためにも大胸筋を鍛えて支える力を作る必要があります。

そしてもう一つ大事になってくるのか、脂肪が逃げないように固定することです。

どんなに頑張って大胸筋を鍛えたとしても、それだけで垂れないように出来るわけではありません。

胸にある脂肪は、何をしてもその位置で固定されているわけではなく、動けば動くほど違う部分に移動してしまいます。

揺れが大きければ大きいほど脂肪が移動する可能性が高まり、垂れるだけでなくバストダウンや形が変化する可能性が出てしまいます。

胸を出来るだけ固定することによって、脂肪が逃げないようにすることができますし、形を固定し維持することも可能になってきます。

胸を動かさなければそれだけ垂れの防止につながってくれますので、大胸筋を鍛えるだけでなく固定することもしましょう。

どんなブラジャーでも固定できるわけではなく、サイズが違っていたりブラジャーのタイプによって固定できない場合があります。

十分な固定をするためにも、サイズを合わせる必要がありますし、バストアップブラなど固定する力に特化した商品の利用も必要です。

垂れた胸の直し方のは難しい訳ではありませんが、時間を必要としていますし根気も必要です。

垂れた時の対処も必要ですが、垂れないための予防をしていくことも必要ですし、面倒な部分を考えると対処よりも予防がオススメです。

 

☆おすすめのナイトブラで胸を出来るだけ固定し下垂予防しよう☆

 

・Viageビューティアップナイトブラ

Viageビューティアップナイトブラは、着けるだけで簡単バストケアができます。バストに重要な「大きさ」+「形」。より大きく美しい形の“おわん型バスト”を目指し徹底的にこだわりました。驚きの補正力×着け心地が良いと好評価の新型のナイトブラ。ノンストレスで24時間ずっと快適に過ごせます。

 

・ジニエブラ

ジニエブラは、世界45ヶ国で7,000万枚以上の売上をほこる、新感覚のノンワイヤーブラです。伸縮性に優れた上質な素材と、ジニエブラ独自の立体編みが、ワイヤーもホックもないノンワイヤーブラなのに、様々な形のバストにぴったりフィットし、バストラインを美しく整えてくれます。

 

  • 2017 02.26
  • 垂れた胸の直し方はどんな方法があるのか? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー