胸パットを使うメリットとデメリットとは?

  • 胸パットを使うメリットとデメリットとは? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

 

女性特有の悩みの中で、最も多いものが胸に関する悩みになります。

バストサイズであったりバランスであったり、バストトップの色なども多くなっています。

そして、そのような方が悩みを解消する為に使っているのが胸パットになります。胸パットを使うことでバストが大きく見えたりしますし、形が綺麗に見えるようになります。

しかし、胸パットにはメリットとデメリットが存在します。この点を把握しているのとしていないのとでは、美容面のみならず健康面でも大きな違いが生じてしまいます。

まず胸パットを使用するメリットについてですが、これは上記のようにバストアップ効果が期待できる点になります。

胸パットを入れるとその分厚みが増しますので、当然バストが大きく見えるようになります。

また、ブラジャーなどのホールド性もアップします。例えばサイズの合わないブラジャーを着用しているとバストが固定されにくくなりますので、ブラジャーの中でバストが動いてしまいます。

そうなるとバストを支えているクーパー靭帯に負担がかかってしまい、形が崩れたり垂れてしまう原因になってしまいます。

さらにしっかりとバストを固定する事で綺麗な谷間を作る事も可能になりますので、バストを大きく綺麗に見せる効果が期待できます。

胸パットのデメリットとしては、形が歪になったり血行が悪くなる可能性が挙げられます。

例えばあまりにも大きすぎる胸パットを使う事は、バストを圧迫すると言う事になります。なので、血流やリンパの流れが悪くなったりする可能性があります。

また、日常的にバストを押しつぶしていると形が歪んだりする可能性が高くなります。

なお正しい胸パットの使い方としては、まずは素材選びが重要になります。

硬すぎる物を使ってしまうと肌が擦れたりして痛みを感じる事がありますし、擦れた箇所が色素沈着してしまう可能性があります。なので、出来る限り柔らかい素材を選ぶことがポイントになります。

また、入れる位置はバストの下部になります。ブラジャーの上部に自分のバストがくるようにする事で、自然な見た目になりますしバストを持ち上げる効果が期待できますのでバストアップにも繋がります。さらに、バストの横に入れる事で谷間を作る事も可能になります。

なお、胸パットを使う際には必ずバストを潰さないようにする事が求められます。

バストに負荷がかかってしまうと上記のようなデメリットが発生してしまうので、圧迫感や締め付け感には注意が必要になります。

 

☆バストの潰れを防止してくれる柔らかなおすすめパット付きナイトブラ☆

 

・ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラは、寝ている間に脇に流れがちなバストをパワーネットでしっかりバストをホールドし、3段ホックでバストをギュッと持ち上げて美ラインを徹底キープしてくれる、人気読者モデル大注目のナイトブラです。

幅広のパワーネット構造が背中・脇から脂肪を徹底的に寄せ上げ、理想の美バストへと導いてくれます。ノンワイヤーだから寝ている間も邪魔になりません。

下厚パットでバストを持ち上げながら優しく包み込み、バストの潰れを防止してくれます。取り外し可能だから、お洗濯の時も安心です。

 

・ディアマン谷間リッチブラ


ディアマン谷間リッチブラは、背中や脇へ流れるお肉をガッチリ寄せ集め、着けるだけで簡単盛りバストができるブラジャー。

お肉が流れる方向を徹底逆流補正し、背中もすっぽりと収めてスタイル補正してくれます。また、手で持ち上げるように強力リフトアップもしてくれます。

ディアマン谷間リッチブラは、バストの下部部分に内蔵のパットと取り外し可能のWパット式を採用しているため、理想の盛りバストの形状固定と調節が可能です。ふっくら谷間の寄せてあげてを徹底的にキープしてくれます。

 

  • 2017 04.22
  • 胸パットを使うメリットとデメリットとは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー