離れた胸の位置を戻すためには?

  • 離れた胸の位置を戻すためには? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

 

離れた胸であることに悩んでいる女性は多くいます。

胸の位置が離れていると、サイズが小さく見えてしまうこともあり、綺麗に見えない状態になってしまいます。

離れた胸になってしまう原因としては、骨格の問題もありますが、ほかにもさまざま要因によって離れることがあります。

具体的な要因としては、猫背など姿勢が悪くなることによってバスと全体が垂れ下がって流れていったり、老化などによって大胸筋が衰えることで胸の形が崩れてしまう、ブラジャーのサイズが合っていないことも問題で、キツければ血流が悪くなって圧迫されてしまい老廃物も溜まりやすくなります。

逆に緩ければ隙間から脂肪が流れていってしまうことも考えられます。

また、ノーブラの人も離れた胸になってしまう危険性があります。

支えがないことで脂肪が流れていってしまい、胸が離れていってしまうのです。

ほかにも、運動などによって胸を揺らすことによってクーパー靭帯が切れてしまったり、伸びてしまうことがあります。

このような原因によって胸の位置は離れていきますが、元に戻すためにはこれらの原因を改善してく必要があります。

衰えた大胸筋は鍛える必要があり、合掌のポーズのエクササイズなどが有効です。

姿勢を正して、胸の前で手の平を合わせたら息を吐きながら、手の付け根を押し合いながら15秒キープします。

息を吐きながら力を緩め、これを5セット、1日3回行ないます。

床に膝をついて少し前方に手をつき、頭から膝までが一直線になったら、ゆっくりと腕を曲げてゆっくり元の状態に戻るという膝つき腕立て伏せも効果的です。

ブラジャーもきちんとしたものを正しく身に着けることも重要となります。

サイズを測ってもらいしっかりサイズのあったブラジャーを着けることによって、離れの防止や垂れの防止に繋がり綺麗なバストを保てます。

また、ノーブラで過ごす時間も少なくすることが大切です。

日頃からブラジャーを着けることはもちろん、寝ている間にも脂肪は流れてしまうためそれを防ぐには夜用のブラジャーを身につけることをおすすめします。

姿勢を正すことも離れた胸を予防することになります。手の平が上を向くように指を後ろで組み、左右の肩甲骨を合わせるような意識で肩を限界まで後ろに引きます。

肩を引いたまま後ろを見るつもりで、息を細く長く吐きながら頭を後ろに倒していきます。そのままの姿勢で3秒キープし、頭を起こして型の力を抜いていきます。

これを1日20回ほど行なうと猫背の改善に繋がります。

 

☆離れた胸を寄せて上げる効果のあるブラジャー

 

・Viageビューティアップナイトブラ

viage-night5

Viageビューティアップナイトブラは、着けるだけで簡単バストケアができます。バストに重要な「大きさ」+「形」。より大きく美しい形の“おわん型バスト”を目指し徹底的にこだわりました。驚きの補正力×着け心地が良いと好評価の新型のナイトブラ。ノンストレスで24時間ずっと快適に過ごせます。

 

・ディアマン谷間リッチブラ




ディアマン谷間リッチブラは、背中や脇へ流れるお肉をガッチリ寄せ集め、着けるだけで簡単盛りバストができるブラジャー。お肉が流れる方向を徹底逆流補正し、背中もすっぽりと収めてスタイル補正してくれます。また、手で持ち上げるように強力リフトアップもしてくれます。

  • 2017 10.20
  • 離れた胸の位置を戻すためには? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー