離れ乳を直す方法について!

  • 離れ乳を直す方法について! はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

 

バストというものは女性の中で大切なものです。大きくなりたい、形をよくしたい等々悩みはそれぞれです。

その中でも離れ乳という問題はほとんどの方が改善したいと思っているようです。

適度なサイズはあるけれども谷間ができなかったり横に流れている為実際の体重よりも重く見られたり太ってみられたりしまうことが多いのです。

離れ乳はどのようにしたら直すことができるでしょうか。

そもそも離れ乳にはいくつかの原因というものがあります。

まずは寝ている時・就寝中にブラジャーをつけていないこと。

今、出回っているブラジャーのほとんどはワイヤーが入っている物が多く長時間つけていると締め付け感が強かったり跡がついてしまったりしてしまいます。

せめて夜くらいは楽になり解放されたい気持ちもありますがそれが離れ乳を悪化させてしまう原因になります。

睡眠というのは平均的に8時間。そう考えると1日の3分の1をも占めているのです。それを毎日続けていたらどうでしょう。長時間にわたり胸を支えるものがないということは当然寝返りや横向きの睡眠で背中へとどんどん流れていってしまいます。

このような生活をしてる方は、まず直すためにナイトブラジャーを着用すること。ナイトブラジャーはワイヤーの入っていないものがほとんどで脇肉をサポートしてくれます。

有効的に活用していきましょう。そして離れ乳になってしまう2つめの原因は筋肉が衰えていることです。

胸には大胸筋と小胸筋というものがあります。大胸筋は乳房全体を支えている筋肉、小胸筋は胸を中央に寄せてくれる役目のあるものです。

これが衰えていると年齢関係なしに胸は垂れ、離れてしまいます。猫背になる癖がついている方は要注意です。

まずは姿勢を正し、小さなことから離れ乳改善を意識しましょう。簡単なエクササイズ・マッサージはまず、いただきますのポーズ。

胸の前で手を合わせ力を入れると胸の筋肉が働いているのがよくわかります。これを忘れずに習慣づけることで離れ乳が改善されていくのです。

女性はジム等で体の筋肉を鍛えない限り自然と衰えてくるものです。特に脂肪がやわらかいバストに関してはかなりデリケートなものなので脂肪も流れやすくキープするのは難しいものです。

が、下着選びも大切です。締め付けの強いものだと寄せていた反動で外した時胸が外側にいこうとしてしまします。

適正な下着選びとマッサージを継続し重力に負けない美バストを手に入れましょう。

 

☆適正な下着選びで重力に負けない美バストに変身☆

 

・ディアマン谷間リッチブラ




ディアマン谷間リッチブラは、背中や脇へ流れるお肉をガッチリ寄せ集め、着けるだけで簡単盛りバストができるブラジャー。お肉が流れる方向を徹底逆流補正し、背中もすっぽりと収めてスタイル補正してくれます。また、手で持ち上げるように強力リフトアップもしてくれます。

 

・導(みちびき)リメイクアップブラ




導(みちびき)リメイクアップブラは、着ているだけではみ出す脇肉・溜まる背肉を逆流補正し、胸の下垂や離れ乳も改善してくれる脇肉背肉逆流補正ブラジャー。背中の脂肪や脇肉などの無駄な脂肪がバストに変化するので、バストアップにも効果が期待できます。取り外し&内臓のWパッド式で谷間を形状固定してくれるため、理想のバストが手に入ります。

 

  • 2017 02.14
  • 離れ乳を直す方法について! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー